高遠そば

大根汁

 會津には、會津松平藩始祖の正之公が伝えたとされる、信州は高遠の名がついた高遠蕎麦なる食べ方があり、いろいろ調べてみたがどうもそうでは無いらしい。
 最も最近になっては、會津からの逆輸入?で、似たような食べ方をさせてくれる店も高遠にはあるようだ。
 高遠そばとは、大根の搾り汁にだし汁を入れて食するものだが、會津には切り漬けと称する大根の漬物があり、酔っ払いの親父が遅くに帰り、だし汁や味噌汁も無く、思いつきでその汁をかけたら意外に美味かった。と言うのが本当らしい。
 切り漬けは大根を鉈でささ欠きに切り、塩と麹、甘味をだすために柿の皮などを入れた極くシンプルな漬物だが、これからの季節には意外と美味い。
 「季節には漬け込みますから是非喰いに来てくなんしょ」