そばが打てなきゃ嫁には行けぬ

蕎麦打ち

 会津には、女性はそばが打てなければ嫁には行けない。という話が伝わっているが、埼玉にも同じようにうどんがうてなきゃ・・・の話がある。
 言うなればその地方の食文化、伝統の技術を習得しなければ一人前ではないとの解釈だが、案外違った見方もできる。
 米の収穫量が少なかった昔々、場合によってはそばが主食に準ずる時代があった。
 おさんどん、つまり三度の食事が作れないのは1人前の大人の女性では無いとの見方である。米が喰えなきゃそばを喰え。貧しい地域の象徴なのである。