ブログの最近のコメント
カウンター
  • 57278Total reads:
  • 17Reads today:
   

新蕎麦のお知らせ

 

新そばのお知らせ

今日(11日)か明日には発送の知らせがありました。
14日以降は新そばが提供出来そうです。

 

イベント予告

 

例年は9月中旬に「冷やおろし」が一斉解禁になります。

 冷やおろしは、寒仕込みの新酒を冷暗所に保管し、寒くなる頃に発売される為、比較的落ち着いたどっしりした酒に仕上がるようです。

 會津ではそろそろ稲の刈り入れも最盛期となり、収穫が終われば芋煮の季節です。山や渓流のそちこちで、友人知人、あるいは職場の仲間たちと秋の恵みを堪能します。

 山形は牛肉に醤油仕立て、會津は豚肉に味噌仕立てが一般的ですが、地方によりそれぞれに具材の変化もあります。

 芋汁と冷やおろしの一夜は如何でしょうか。

 

日時 9月15日(日) 夕方6時頃

会費  6,000円

  • ** 先着20人で締め切りいたします。    

 

* 冷やおろしを主体に15種類程度準備します。

 

新そば(夏蕎麦)のお知らせ

 

産地の友人に問い合わせたところ、今年も順調に育っているようです。
7月20日くらいからは新そばが提供できそうですが、届き次第またお知らせいたします。

 

恒例の暑気払い

 

ジビエ料理の暑気払い

 

いよいよ本格的な暑さの夏がやってきます。

 生命力溢れる熊や鹿、猪を食して暑い夏を乗り切りましょう。

 

日時 7月15日(月)海の日 午後3時頃開始

会費 無料

 

* 材料が無制限にあるわけではありませんので、20名程度で、材料がなくなり次第終了です。

* 3名以上の団体の場合は事前連絡をお願いします。

 

 

會津野茂三郎 0493-62-0202

そば もさぶろう 検索   

 

たらふく呑める試飲会

 

福島の酒・金賞受賞日本一
たらふく呑める試飲会
全国清酒鑑評会において、福島県の酒が金賞受賞数22銘柄、日本一、7連覇を果たしました。
22名柄のうち會津の酒13酒が入り、各蔵元がしのぎを削って旨い酒造りに精進している証左と言えるでしょう。
金賞受賞酒や特別限定酒を集めた、たらふく飲める試飲会を行います。

日時  6月 22日(日) 午後6時開始
場所  會津野茂三郎
会費  6,000円
**  先着20名

末廣酒造    大吟醸 舞
豊国酒造    豊久仁純米 60本限定酒
開当男山酒造  山王丸   春本生濾過前酒
栄川酒造    AIZU(A)  100本限定酒
花春酒造    天宮    純吟無濾過生 150本限定
宮泉銘醸    寫楽    純米夏吟薄濁り
廣木酒造    飛露喜
曙酒造     天明    赤磐雄町1回火入れ

* 他にも入手交渉中、よりグレードの高い酒があった場合は入れ替えします

そばもさぶろう == 検索

 

酒が飲める・さけが飲めるぞ

 

全国清酒鑑評会において,福島の酒が金賞受賞数で7年連続日本一になりました。
受賞数は22銘柄で、うち13銘柄が會津の酒でした。
と言う訳で、受賞酒や限定酒を集めて試飲会を開催することといたしました。
日時は6月15日の土曜日を一応の予定としておりますが、詳細は後日改めておしらせいたします。

 

臨時休業のお知らせ

 

5月19日(日)は、都合により臨時休業といたします。

 

コシアブラ入荷!

 

産地からようやくコシアブラ発送の連絡がありました。明日19日からはお出しできる見通しです。

長らくお待たせいたしました。

 

お知らせ

 

4月20日開催の山菜をたらふく喰う会は、予定の人参となりましたので受付を終了いたします。多数雨のお問い合わせありがとうございました。

次回開催は6月の予定です。

 

山菜と銘酒を愉しむかい(会)

 

 各地の山もようやく春本番の山菜の季節となりました。古来、山陰の村人たちの間では、春は「苦いものを食え」と伝えられています。 

 運動不足の冬に溜まった老廃物を排出するための知恵なのだと思いますが、冬眠から醒めた熊等も      同じ習性を持つようです。

 コシアブラ・タラの芽・独活等の他に、変わった山菜も登場する予定です。もちろんお酒も銘酒を集めてまいります。

 時期としたら葉桜かも知れませんが、春宵を楽しくすごしませんか。

 

日時  4月20日() 午後6時頃

場所  會津野茂三郎

会費  6,000円  **  先着20名

 

決定済            

宮泉銘醸  寫楽

廣木酒造  飛露喜

      泉川

花泉酒造  花見ロマン(4段仕込み)

大和川酒造 彌右衛門(試験醸造酒)